ブログの解説を頼りに、ライブラリーを作成された方、

「結果は、どうでしたか?」

「ちょっと、期待外れ?」

命名規則を守っていれば、それなりにうまくいくと思うんですが、それでも、邦画や日本のドラマなんかは期待通りにいかなかったかもしれませんね。

そんな時には、マッチング仕直したり、あるいは、部分的に修正して、自分好みのカタログに仕上げることが出来ますよ。

まったく違う情報だったら=「Fix Match…」

library_fix01

「アバター」ってこれじゃないんですよね。

って、言う時は、メニューバーの「…」マークをクリックして、メニューから「Fix Match…」を選択します。

library_fix02

ちょっと時間が掛かりますが、候補をリストアップしてくれました。

ここでは、エージェントを変えて調べ直すことも出来ます。

タイトルと制作年を頼りに、これだと思うものをクリックしてみました。

library_fix03

「そうそう、アバターって言ったらこっちですよね。」

library_fix04

うまくいかない場合、「検索オプション」をクリックして、タイトルを原題にしてみたり、工夫してみてください。

ちなみに、「…」クリックのメニューで「Unmatch」を選ぶと、情報を探すことなく基本的な情報だけになります。

library_fix05

メタデータの修正

部分的に修正したい場合は、メニューバーの「鉛筆マーク」をクリックします。

library_fix06

編集ウィンドーの「一般」タブでは、タイトルやあらすじを編集することが出来ます。

library_fix07

「タグ」では、ジャンルを編集できます。ジャンルを自分の基準に修正できるのはありがたいですね。

library_fix08

「Collections」を設定しておくと、こんな感じでシリーズをまとめて表示してくれるので便利です。

library_fix09

ポスター」では、数種類の中から選べる場合もあります。まったく見つからない場合は、自分で用意したポスターを赤枠の部分にドラッグ&ドロップするか、「画像を選択」をクリックして、ポスターを選択します。

メディアセンターアプリに「kodi」ではなく、Plexを使っている理由のひとつがメタデータを修正できる点にあります。

みなさん、修正テクニックをマスターして、完璧なカタログを目指しましょう。