「PhotoScape Ⅹ」徹底解説!〜編集タブ・編集1〜の後半にも、本格的な編集項目が少しは出てきましたが、これからが本番です。

気合いを入れて頑張りましょう!

調整

2016-09-08_21-52-06


自動レベル

PhotoScapeには、ヘルプはおろか資料的なものが見当たらないので、困ってしまうんですが、幸いにもPhotoshopがかなり参考になります。

そこで、PhotoScapeの自動レベル補正にいく前に、レベル補正ってどんなものかちょっと調べてみましょう。

Pasted Graphic

上の図は、写真の暗いところ(シャドー)と明るいところ(ハイライト)の間(DR/ダイナミックレンジ)に、RGBの各色のデータがどのように分布しているかを示したヒストグラムです。

このヒストグラムのシャドー側を引き上げてやると、レンジの調節機能によって、元のレンジ幅に戻る時に、色のデータである山はシャドー側に引っ張られてならされます。結果、写真は暗くなります。

逆にハイライト側を縮めると、明るい方にシフトするので明るくなります。

ちなみに、シャドーとハイライトの両方を縮めると色の山は両側に引っ張られて、コントラストが高くなります。

ここで、実際にいくつかの写真のヒストグラムを見てみましょう。暗すぎたり、明るすぎたりと言った、出来の良くない写真のヒストグラムは、シャドーやハイライトの両端部分にほとんどデータがありません。

この部分をカットすると、明るさが劇的に改善します。この調節を自動でやってくれるのが、一般的に、自動レベル補正と呼ばれるものです。

裏を返せば、この部分のない写真は補正を掛けてもほとんど変化はありません。

PhotoScape_自動レベル1


PhotoScape_自動レベル2

さて、PhotoScapeの「自動レベル」ですが、明る過ぎてぼやけた写真を一発でキレイな写真に仕上げてくれました。

プリセットの、弱、中、強にセット後、様子を見ながら「境界値」を設定するのが効率的で、おすすめです。

この時写真だけでなく、ヒストグラムも見るような習慣を付けると、写真に対する理解が深まる気がします。

自動コントラスト

上のレベル補正で説明したように、明るさとコントラストの調整は兄弟のようなものです。したがって、自動コントラストの説明は、自動ラベルとほとんど同じになります。

PhotoScape_自動コントラスト

写真によってはどちらの結果も同じようになります。実際、自動レベルに使った写真のオリジナルに、自動コントラストを適用しても、「ほんの少しコントラストが強いのかな?」と言う気がするだけで、ほとんど違いは見られません。

「じゃ、どっちを使ったらいいんだ?」と言うことですが、答えは編集の後の「色」までお待ちください (^^)。

シャープ

輪郭を強調(コントラストを強める)して、ぼやっとした写真をクッキリさせます。

PhotoScape_sharp

半径…輪郭からどれくらいの距離(ピクセル)までシャープにするかと言うことです。この数字が0だとエッジだけがシャープになり、数字が大きくなるにつれてシャープにする範囲が広がって、全体的なクッキリ感は強くなります。ただし、大きすぎると、ギンギンギラギラした画像になってしまいます。

境界値…輪郭のコントラスト差を指定する数字で、この数値以下の部分には適用しないと言うことになります。0の場合すべての輪郭がシャープになります。クッキリ感は増しますが、肌荒れやそばかすなども強中されて目立つ結果になります。境界値の数字を上げることによって、そのような弊害をある程度は防ぐことが出来ますが、画像によっては期待したような効果が出ずに、全体のシャープ感だけが弱くなってしまう結果になってしまいます。そんな時は、マスクの使用を考えた方がいいかもしれません。

強度…シャープの強さの調節です。数字が大きいほどクッキリした感じになります。

ぼかし

シャープとは反対に、優しい感じの写真になります。背景をぼけさせて主題を強調するような、一眼レフのテクニックをソフト的に再現する使い道も考えられます。

PhotoScape_ぼかし

この場合、マスクを使用して背景だけに「ぼかし(レンズ)」をかけてあります。

ぼかしの種類については、言葉で説明できるほどの文章力がありません。ご自分で確認してください (^^)。

設定できるパラメーターは「半径」だけで、数字が大きいほどぼかしは強くなります。

ノイズ軽減

暗い場所などで撮った写真にノイズが出る場合がありますが、そのノイズを取り除く機能です。

写真の状態にもよると思いますが、過度の期待はしない方がいいかもしれません。…と言うのも、PhotoScapeのノイズ軽減は強度の設定しか出来ません。強度を上げていくとノイズは減りますが、その分ぼやけていきます。

PhotoScape_ノイズ軽減

クリックして、原寸大で見てもらえると少しは分かると思います

この写真では10が限界で、デフォルトの50では、とんでもないことになってしまいます。これでも少しぼやけていますが、この後シャープを掛ければ何とかなるレベルです。

PhotoScape_ノイズ軽減2

こちらが仕上がりです。分かりづらいかも知れませんが、「ノイズが少しは減ったかな?」と言う感じです。

キレイな肌

PhotoScape_キレイな肌

他の部分には、それ程影響を与えずに肌の部分だけソフトフォーカスが掛かって、結果キレイに見えます。

設定値は「半径」だけで、数値が大きいほど効果も大きくなります。ただし、大きすぎると、肌の質感が失われ、セルロイド人形になってしまいます。気をつけましょう。

上の写真は効果が分かるように半径9になってますが、3か4あたりがバランスがいいような気がします。

バランス良く仕上げるには、シミなどを事前に「点(汚れ)除去」ツールで処理しておくといいです。これで、半径を低く抑え、自然でキレイな写真に仕上げることが出来ます。

フィルムグレイン

映画通の人がこだわる、フィルムの粒状感というヤツですね。確かに、あまりにキレイすぎるデジタルの絵より、ちょっとざらついた絵のほうが映画的な気はします。

それを写真で、ソフト的にやってしまおうと言うフィルターです。

PhotoScape_フィルムグレイン

カタログ的キレイな写真も、プリセットの400%でこんな感じ。

強度で粒状感の強さを、スケールで粒の大きさを指定します。

ビネット

ビネット効果とは、別名トンネル効果とも呼ばれるもので、トイカメなど性能のよろしくないカメラで撮った時に四隅が暗くなってしまう現象のことを言うそうです。性能が良くないために起こる現象なので、普通に考えれば失敗作なんですが、これが妙にノスタルジックで味のある写真だとのことです。それをソフト的にやってしまおうというのがこの「ビネット」です。

PhotoScape_ビネット1

これだけ明るくハッキリした写真だと、そのままビネットを掛けるよりもモノクロ系にした方がノスタルジックな雰囲気が出るかも知れません。カラーのままなら、少し暗くして、ぼかしてからビネットを掛けた方がいい気がします。

実用的な面として、目立たないくらいにビネットを掛けると写真が引き締まって見えるようです。

PhotoScape_ビネット2

選択色強調

PhotoScape_選択色強調

ビネットで使ったオリジナル写真で、花の赤い色を指定してみました。赤い色だけを残して、他の色が無くなることで、不思議な雰囲気を醸し出します。

色の指定は パレットでも出来ますが、スポイトツールを使って写真の色を直接指定した方が楽です。

カラー範囲の数値を上げていくと、指定した色に近接する色も段々と残るようになります。余計な部分に色が残っていたら、マスクの-ブラシで消してしまいましょう。

前景彩度で色が残った部分の鮮やかさを、背景彩度でそれ以外の鮮やかさを指定します。この差が大きいほど色の付いた部分が際立つ結果となります。

色の置き換え

PhotoScape_色の置き換え

真っ赤に熟れた果実が、青い果実になってしまいました。

方法は、

1.スポイトツールで果実の赤い色を選択します。

2.果実全体が置き換わるよう、カラー範囲の数値を上げていきます。

3.色相のバーを置き換えたい色まで動かします。

彩度と明度は、この置き換わった部分だけに作用するようです。

ホワイトバランス

2016-09-14_23-24-54

失敗写真を修正するとのことですが、残念ながら手元に検証できる写真がありません <m(__)m>

シャドウ・ハイライト

PhotoScape_シャドウ・ハイライト

シャドーとハイライトをそれぞれ個別に、

・シャドー部だけを明るく

・ハイライト部だけを暗く

出来る機能です。

上の写真は、階段の下は暗くてつぶれているのに、空は明るすぎて飛んでしまっている状態です。ハイライト部を暗くすることで、空の様子が分かるようになり、シャドー部を明るくすることで、階段の段差も見えるようになりました。

半径を大きくするとコントラストがハッキリしますが、大きすぎると輪郭部の縁取りが目立つようになります。

編集項目は、さらに続きます。なんか、ちょっと疲れてきたような……。