最近、「写真・デザイン系の必需品アプリ、PhotoScape Xの紹介です」で紹介した、「PhotoScape Ⅹ」ですが、皆さん興味がおありのようなので、予定を早めて解説編を始めたいと思います。

非常に多機能なアプリで解説の量もかなり多くなってしまいそうなので、数回に分けて解説していく予定です。

さて、記念すべき第一回は、「写真ビュアー」編です。

2016-08-26_PhotoScape_viewer

写真ビュアー画面

「PhotoScape Ⅹ」の写真ビュアーは、「写真」アプリのようにライブラリで管理するタイプではなく、フォルダの写真をそのままサムネイル表示します。

独自にライブラリとかカタログと言ったもので管理するタイプだと、アプリの連携作業や素材の使い回しが面倒なんですよね。

Finderの管理を利用しつつ、Finderに頼ることなくフォルダの作成や写真の移動が出来て、必要ならば「写真アプリ」や「iPhoto」の写真も編集画面に呼び出すことが出来るPhotoScapeは、素材を管理することに的を絞った、簡潔で使い勝手の良いビュアーに仕上がっている気がします。これで、似たような写真の検索なんか出来たら最高かな。

ビュアーは、大まかに「ビュアー部分」とフォルダなどを表示する「サイドバー(正式名称は不明)」で構成されています。

サイドバー

2016-08-25_サイドバー

サイドバーは矢印マークのタブをクリックすると非表示になります。狭い画面では、非表示にして、タブにカーソルを持って行った時だけ表示させる方が多くの写真を一覧できていいかもしれません。もう一度クリックすれば常時表示になります。

境界線をドラッグしてサイドバーの大きさを変えることも出来ます。

サイドバーはさらに、「お気に入り」、「ボリュームの階層表示」、「選択写真の表示」エリアの3つに分かれます。

各エリアの境界線もドラッグして大きさを変更できます。

ボリューム表示エリアで選択したフォルダの写真がビュアー部分にサムネイル表示されますが、よく使うフォルダは「お気に入り」に登録しておくと良いでしょう。星印をクリックして登録します。

ボリューム表示エリアでは、コンテキストメニューを使ってフォルダの作成や削除も可能です。

2016-08-25_22-32-14

写真のフォルダ移動・コピー

2016-08-25_22-25-17

ビュアーエリアの写真をフォルダにドラッグ&ドロップすると、こんなウィンドーが出てきて、移動やコピーをすることが出来ます。

ビュアーエリア

ビュアーには、選択したフォルダの写真が全て表示されますが、プルダウンメニューを使って簡単に絞り込みできるようになっています。

素材管理にはどんな機能が必要なのか、よく理解しているなと感心してしまいます。メニュー選択一発で縦レイアウトの写真やPNGだけを表示できるなんて素敵です。

2016-08-25_22-56-13

プルダウンメニューの右側は、順に「サムネイル表示」「リスト表示」「全画面表示」の切り替えボタンです。サムネイルのダブルクリックや「リターンキー」でも、全画面表示になります。

全画面表示では、左右矢印キーで写真の切り替え、esc(エスケープキー)で元に戻ります。

2016-08-26_viewer_under

ビュアーエリアの下は、「データ表示エリア」「ツールバー」となっています。

データ表示エリアの中央にある矢印マークのタブはサイドバーと同じように、クリックすると非表示に出来ます。

ここでの情報は簡単なものですが、ツールバーの「情報ボタン」か「⌘+Iキー」で、とっても詳しい情報を見られますよ。

ツールバーの説明

2016-08-26_toolbar

  1. サムネイルの並び替え
  2. サムネイルの大きさを変更する
  3. ビュアーの表示設定ボタン
  4. 削除ボタン(Finderにあるファイル自体が削除されます)
  5. 反時計・時計回りに90度回転
  6. 編集ボタン
  7. 共有ボタン
  8. 情報ボタン

これらは、サムネイルのコンテキストメニューからも行えます。

2016-08-26_16-42-57

こちらの方が項目も多いし、使いやすいかも知れませんね。

まだ十分使いこなせているとは言えない段階での解説で、つたない部分もあると思いますが、いかがだったでしょうか。

おかしな部分、足りないところはコメントをもらえると助かります。

質問も遠慮なくどうぞ。分かる範囲で、できる限り答えさせていただきます。